トピックパス

  1. トップ
  2. コンテンツ
  3. 歴史
  4. れきち
  5. 天日槍

天日槍あめのひほこ

名前
  • 天日槍 【日本書紀】, あま
  • 天之日矛 【古事記】, あま
  • 海桧槍 【古語拾遺】あま)海桧槍
性別
男性
生年月日
( ~ 垂仁天皇3年3月30日)
没年月日
(垂仁天皇3年3月1日 ~ )
配偶者
  • 阿加流比売神あかるひめのかみ 【古事記 中巻 応神天皇段】
  • 麻拕能烏またのお 【日本書紀 巻第六 垂仁天皇八十八年七月戊午条】
    • 前津見まえつみ 【古事記 中巻 応神天皇段】
  • 但馬諸助たじまのもろすく多遅摩母呂須玖たじまもろすく) 【日本書紀 巻第六 垂仁天皇八十八年七月戊午条, 古事記 中巻 応神天皇段】【母:麻拕能烏またのお
出来事
  • 垂仁天皇3年3月

    新羅の王子天日槍がやって来た。
    持って来た物は羽太玉(はふとのたま)一つ・足高玉(あしたかのたま)一つ・鵜鹿鹿赤石玉(うかかのあかしのたま)一つ・出石小刀(いずしのかたな)一つ・出石桙(いずしのほこ)一つ・日鏡(ひのかがみ)一つ・熊神籬(くまのひもろき)一つ、合わせて七点だった。
    即ち但馬国に蔵めて、常に神物とした。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇三年三月条】
    • 今は但馬国の出石郡(いずしのこおり)に在り、大きな社となっている。

      【古語拾遺 垂仁天皇段】
  • 垂仁天皇88年7月10日

    垂仁天皇が群卿に詔して「朕が聞くところによれば、新羅の王子天日槍が始めて参った時に、持って来た宝物は今但馬にある。国人に貴ばれて神宝となっている。朕はその宝物を見てみたい」と。
    その日に使者を遣わして、天日槍の曽孫の清彦に詔して献上させた。
    清彦は勅を受けて自ら神宝を献上した。
    羽太玉(はふとのたま)一つ・足高玉(あしたかのたま)一つ・鵜鹿鹿赤石玉(うかかのあかしたま)一つ・日鏡(ひのかがみ)一つ・熊神籬(くまのひもろき)一具。
    ただ刀子(かたな)が一つだけあり、名を出石(いずし)という。清彦は急に刀子を献上するのをやめて、衣の中に隠して身につけた。
    天皇は刀子を隠していることに気付かずに、清彦をねぎらうために御所に呼んで酒を賜った。
    時に刀子が衣の中から現れてしまった。天皇はこれを見て清彦に「お前の衣の中の刀子は何の刀子か」と問うた。
    清彦は刀子を隠せないことを知ると、「献上する神宝の一つです」と答えた。天皇は清彦に「その神宝は他と離しても良いのか」と言った。そこで出して献上した。すべて神府(みくら)に蔵めた。
    後に神府を開いて見てみると刀子が消えていた。そこで清彦に問うて「お前が献上した刀子が急に消えた。お前の所に行ってはいないか」と。清彦は「昨日の夕方、刀子が私の家にやって来て、今朝には消えておりました」と答えた。
    天皇は畏まって追求はしなかった。
    この後に出石刀子は自然と淡路島に行った。その島の人は神だと思い、刀子のために祠を立てた。これは今でも祀られている。

    昔、人が船に乗って但馬国に泊まった。それで「おまえは何処の国の人であるか」と尋ねると、「新羅の王子で名は天日槍と申します」と答えた。
    そして但馬に留まり、その国の前津耳(あるいは前津見という。あるいは太耳という)の娘の麻拕能烏を娶り、但馬諸助が生まれた。これが清彦の祖父である。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇八十八年七月戊午条】
    • 始め天日槍は船に乗って播磨国に泊まり、完粟邑(しさわのむら)にいた。
      時に天皇が、大友主長尾市を播磨に遣わして、天日槍に「お前は誰であるか。また何処の国の人か」と問うた。天日槍は答えて「私は新羅(しらぎ)国主の子です。日本国に聖皇ありと聞き、国を弟の知古に授けてやって参りました」と。
      そして献上した物は、葉細珠(はほそのたま)足高珠(あしたかのたま)鵜鹿鹿赤石珠(うかかのあかしのたま)出石刀子(いずしのかたな)出石槍(いずしのほこ)日鏡(ひのかがみ)熊神籬(くまのひもろき)胆狭浅大刀(いささのたち)、合わせて八点だった。
      天日槍に詔して「播磨国の完粟邑と、淡路島の出浅邑(いでさのむら)、この二邑をお前の好きなように住みなさい」と。
      天日槍が言うには「私の住むところは、もし天恩を垂れて願いを聞いて頂けるのであれば、私自ら諸国を巡り歩いて、心に適った地を選ばせて頂きたいと思います」と。それでこれを許された。
      天日槍は菟道河(うじがわ)を遡り、北の近江国の吾名邑(あなのむら)に入って暫らく住んだ。
      また更に近江より若狭国を経て、西の但馬国に居所を定めた。
      近江国の鏡村(かがみのむら)(はさま)陶人(すえひと)は、即ち天日槍の従者である。

      天日槍は但馬国の出島(いずし)の人、太耳の娘の麻多烏を娶り、但馬諸助を生んだ。
      諸助但馬日楢杵を生んだ。
      日楢杵清彦を生んだ。
      清彦田道間守を生んだ。

      【日本書紀 巻第六 垂仁天皇三年三月条 一云】
    • 昔、新羅の国主(こにきし)に子がいた。名は天之日矛という。この人が渡来してきた。
      渡来してきたのにはわけがあった。

      新羅国に一つの沼があった。名は阿具奴摩(あぐぬま)という。
      この沼のほとりに一人の賎女が昼寝をしていた。
      このとき日が虹のように輝いて、その陰部を射した。
      また一人の賤夫がいて、その様子を不思議に思い、その女の行動を伺っていた。
      するとこの女は、その昼寝の時に妊娠して、赤玉を生んだ。
      そこでその様子を伺っていた賤夫は、その玉をもらい受けて、常に包んで腰につけていた。この人は田を谷間に作っていた。
      それで耕人たちの食料を一頭の牛に負わせて谷の中に入る時、その国主の子天之日矛に出会った。
      そしてその人に尋ねて「なぜお前は食料を牛に負わせて谷に入るのか。お前はきっとこの牛を殺して食うつもりだろう」と。そしてその人を捕えて獄に入れようとすると、その人が答えて「私は牛を殺そうとするのではありません。ただ農夫の食料を運ぶだけです」と。しかし猶も許すことはなかった。
      そこでその腰の玉を解いて、その国主の子に贈った。そこでその賤夫を許した。

      その玉を持って来て、床のそばに置いておくと、美しい少女に姿を変えた。それで結婚して正妻とした。
      その少女は、常に様々な珍味を用意して、いつもその夫に食べさせた。
      しかしその国主の子は、心奢って妻を罵るので、その女は「そもそも私は、あなたの妻となるような女ではありません。私の祖先の国に行きます」と言った。
      そして密かに小船に乗って逃げ渡って、難波(なにわ)に留まった。
      これは難波の比売碁曽(ひめごそ)の社にいる阿加流比売神である。

      天之日矛はその妻が逃げたことを聞くと、後を追って渡来した。
      難波に着こうとしたところ、その(わたり)の神が行く手を塞いで入れなかった。
      それでまた戻って多遅摩国(たじまのくに)に停泊した。
      そしてその国に留まって、多遅摩之俣尾の娘、名は前津見を娶り、生まれた子は
      多遅摩母呂須玖。これの子は
      多遅摩斐泥。これの子は
      多遅摩比那良岐。これの子は
      多遅麻毛理
      次に多遅摩比多訶
      次に清日子の三柱。

      この清日子当摩之咩斐を娶り、生まれた子は
      酢鹿之諸男
      次に妹の菅竈由良度美

      そして上に述べた多遅摩比多訶は、姪の由良度美を娶り、生まれた子は
      葛城之高額比売命
      これは息長帯比売命の御母である。


      それでその天之日矛が持って渡って来た物は玉津宝(たまつたから)といって、珠二貫・浪を振り起こす領巾(ひれ)・浪を鎮める領巾・風を起こす領巾・風を鎮める領巾。また奥津鏡(おきつかがみ)辺津鏡(へつかがみ)、合わせて八種である。
      これらは伊豆志之八前大神である。

      【古事記 中巻 応神天皇段】
関連