トピックパス

  1. トップ
  2. コンテンツ
  3. 歴史
  4. れきち
  5. 参考文献

参考文献

れきちで大いに参考にした本のリストです。

  • 日本書紀
    • 『日本書紀』<全五巻> 岩波文庫
      • 書き下し文、詳細な注釈、原文の掲載などがあります。底本は卜部兼方本(1,2巻)と卜部兼夏本(3,4,5巻)です。1冊520頁。構成は、320頁の内、右に書き下し文、左に注。80頁の補注。80頁の原文。10頁の校異です。(頁はおよそ)
    • 『国史大系』<第壱巻 日本書紀> 経済雑誌社
      • 訓読文と標注(岩波本ほどではない)があり、主に訓みと標注にある校異を参考にしました。
    • 『日本書紀 全現代語訳』<上下巻> 講談社学術文庫
      • 1冊およそ350頁の現代語訳で、主に書き下し文では理解しにくい部分をこの本で補いました。ただし短い一説のような部分は省略しているので、中級者以上には物足りなくなるかもしれません。
  • その他デジタル画像
最終更新日
2013-07-04